sea1721good214’s blog

✳︎はみだした日常✳︎ 日常と非日常の狭間で、生命の爆発、感性が研ぎ澄まされてゆく物語。

旅の先にあるもの。

f:id:sea1721good214:20170504172509j:image

この前は、過去の出来事は感謝に値するという記事を書きました。

(http://sea1721good214.hatenadiary.jp/entry/2017/05/03/085847)

 「ブログを読んだよ」と感想を直接連絡して下さる方がいて、僕は感無量でした。そして支援して下さる方までいらっしゃって、改めて人に支えられていると実感した次第で御座います。

 

 


過去の蓋をした嫌な出来事と向き合う事は、
フルマラソン完走するより(完走経験有)
トライアスロン完走するより(完走経験有)
バレーの部活より
(中学校全国ベスト8、九州トップ3位)
時給100円、200円、300円で働くより
(いずれも経験有り)


とても辛く楽しい時間でした。

 



前回は、
過去の出来事について振り返ったので、
今回は「未来の事」について考えます。

 



 



僕は今、世界を旅していますが、
【旅した先に何があるのだろうか?】


これは、僕の旅のコンセプトが
「旅を旅だけで終わらせない。
旅を楽しいだけで終わらせない」ですので、
旅の先にあるものを想像してみます。

 


_____________________________________________

 


世界を回っていると様々な出会いや感動があります。そこでの感動や経験に浸り、無我夢中でその瞬間を生きます。


その時は、
《今》にフォーカスが当たり、
《未来に何があるのだろう?》という問いは、少し落ち着いた時しか考えれないと思います。


だから、バリ島で落ち着いた生活をしている今、その問いを存分に深めたいと思います。

 



では、
【僕の旅した先に何があるのだろうか?】

 



《目的がないのが旅だ》
《旅して何かが変わる気がする》

 



これらの意見、全部素敵だと思います。
正直旅で得たものに関しては、
人それぞれなので、全て良いと思います。


間違いや正解は無い、という前提で話を進めていきます。

 



 



僕は色んな国の暮らしを体感しながら、
1カ国1ヶ月以上滞在して、世界を旅しています。


そして今『この旅した先には何があるんだ?』
という問いを考えてる時に、
1つ腑に落ちた言葉があります。

 


それは、

 

 

 

 

 

【許容と多様性】

 

 

 

 

 


僕は旅を通して、
《許容と多様性》を身につけれると思っています。


その結果、
心のキャパシティが広がり、
これからの人生においても、
多少の事は「大丈夫」対応可能となってきます。

 



◎それでは、これからの人生にまで影響を及ぼしてくれる《許容と多様性》について説明をしていきます◎

 



まずは、許容についてです。

 



 

【許容】

 



率直に、世界の旅をすると、
自分の許容できる範囲が広がります。


なぜならば、
「日本での生活」と「海外での生活」にギャップが生じます。そしてそれは、僕の許容できる範囲に変わるからです。

(お互いの国の常識が違うので、ギャップが生じるのは、当たり前ですよね。)

 



僕は海外の生活で、ギャップを感じた範囲まで対応可能になります。

 

 


_____________________________________________

 

 


例えば、
インドを旅した時の話です。 

 



僕は、電車を待っていました。
到着予定時間になっても、電車は来ません。


「乗り場間違えて、電車は行ってしまったのか?」と思い、駅員さんに確認します。


すると、駅員さん曰く「まだ来ない」とのこと。

 



待つこと2時間。

 



電車の到着ホームが、直前で変更になり、
みんな走り出します。


そして、やっとの思いで電車が到着です。

 



・ 

これが《インドの普通》です。


電車を待つ

2時間遅れる

到着直前で乗り場が変更になる


その時は、
2時間という時間はとても長く感じ、
直前で到着ホームの変更は、驚きでした。

 



 



《日本ではどうでしょう?》


電車が定時通りに来る事が当たり前。
(遅れて数分)
2時間も遅れる事など、まずあり得ませんね。
直前でのホーム変更も、ほぼあり得ません。

 

_____________________________________________

 

この出来事は、
日本で生活していた僕からすると、
「まじか」とギャップを感じる訳です。


ですが、
この「まじか」と思うギャップこそが、
僕の許容範囲が広げてくれる訳です。

 



(日本)
電車が時間通りに来て当たり前。

(インド)
普通に2時間遅れる。
乗り場が急に変更もする。

 



これを何回も体験した事によって、


◎何時間も電車が遅れる
◎急に到着ホームが変更になる


この事を許容できるようになりました。

 


そうなると日本に帰った時、
電車の遅れやホームの変更に、
イライラする事はないでしょう。

 

▶︎インドでの経験が、
僕の許容範囲を広げてくれたのです。

 

 

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

この事は、電車だけに限らず、
人との価値観、文化、宗教、食べ物、
日常生活の全てにおいて、

僕が持っていた
《日本の許容範囲》から
《海外の許容範囲》へと幅が広がります。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

 

 


その結果、どんな出来事に対しても、
「大丈夫。おっけい。」と許せるようになりました。

▶︎日本に帰った時も、多少の事ではイライラする事はないと思います。


これが、旅をして学べた【許容】についての説明でした。

 


_____________________________________________

 

 

次に、【多様性】について説明します。

※許容とも繋がる部分があると思います。

 



先ほど説明した旅をしていて、
《日本とのギャップ》を感じる部分。

▶︎これが多様性を身につける入り口になります。(正直世界を旅してると、日本とのギャップを感じる事ばかりですが。笑)

 

_____________________________________________

 


例えば、食事についてです。
インドネシアやインドでご飯を食べる時、
素手で食べることが多いです。


フィリピンでは、スプーンとフォークで食べます。


そして、これから旅するフランスでは、
ピザをナイフとフォークで食べることになるのでしょう。(お金があればの話です笑)

 



だから僕は、
ご飯を素手でも食べれますし、
フォークとスプーンでも食べれます。
そしてピザは、
フォークとナイフで食べることになるのでしょう。(ピザ食べたい。)

 



食事1つだけみても、その国のマナーや習慣があります。

 


▶︎その国のマナーを学び
▶︎現地の人と一緒に体感し
▶︎その国のルールで生活する。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これこそが【多様性】への入り口になります。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 

 

_____________________________________________

 


他にも例を挙げるならば、お風呂です。

 



日本では、温かいシャワーが出て、浴槽がある生活に慣れていました。


しかし世界を旅して、
フィリピンやカンボジアでは、
井戸で水を引いて水浴びしたり、蛇口から出した水を桶に貯め、それで水浴びしたりする。

インドでも、桶に水を貯めて身体を洗います。でも、水がヌルヌルしていて、なかなか苦労しました。

(もちろん、温かいシャワーとはここ数ヵ月無縁です。浴槽は夢のまた夢です。)

 



 



◎井戸で水を汲んで水浴び。
◎桶に水を溜めて水浴び。(時にヌルヌル)

これらを体験をした事で、
その生活にも対応できる様になりました。

 



 



▶︎その結果、
日本の生活の時に気づけなかった、
日本の幸せに気づける様になり、
これらの生活でいちいちショックは感じる事はないでしょう。
(水に関しては、あるだけで有難いです)

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

インドで生活する僕は、
インドの当たり前で生き、
インドネシアで生活する僕は、
インドネシアの当たり前で生きます。

↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 


今まで旅した国のフィリピン、カンボジア、タイ、インド、インドネシアの当たり前が、
僕の『多様性を認める力』を養ってくれました。

 

 

_____________________________________________

 

 


このように、世界を旅する事で
【許容と多様性】を身につける事ができます。


そして、これからも旅を続けるので、
僕の許容できる範囲や対応できる幅は、
どんどん広がっていくと思います。

 



『旅は人生を豊かにしてくれる。』という言葉もありますが、まさにその通りだと思います。


日本に帰った時、今までストレスを感じていた出来事に対しても、落ち着いて対応ができます。


それは海外で感じたギャップが、僕の心のキャパシティを広げてくれたからです。

 



 



どんどん旅をして、自分を広げてゆきたい。
そして、それを身近な人達に還元できる存在でありたいですね。

 


以上、旅した先にある【許容と多様性】の話でした。

 

 

たっくん

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

《これからの旅の予定》
5月10日〜 インド
5月17日〜 フランス▶︎スペインを約1ヶ月半かけて約1000キロ歩きます。
7月上旬〜 アメリカをヒッチハイクで横断する予定です。

この旅でより多くの人に出会う事を楽しみに、旅を進めていきたいと思っています。

帰国してからは、
福岡・大阪・(愛知)・東京で報告会を行う予定です。

ですが今、旅を続けるには明らかに資金が不足しています。一時帰国した際に15万だけ稼ぎ、今はそのお金を握りしめて旅をしています。

また帰国することを考えた時に、
それよりも旅する目的がはっきりした今、とことん旅を通して見たいもの、出会いたい人たちがいます。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

《応援サポーター募集》
これからの僕の旅を応援してくださる方を募集しております。

リターンは、僕の旅中の大好きな写真に、心を込めたメッセージを込めて送らせて頂きます。

もしいらっしゃいましたら、僕のフェイスブックもしくはtikyoudeasobu@gmail.com
に一報お願い致します。泣いて喜びます。

どうぞよろしくお願いします。

過去の選択は感謝に値する

これは、SNS初公開です。

f:id:sea1721good214:20170502114607j:image


最近の気付き
自分の過去、現在、未来は全て繋がっている。

そして現在の選択は、
過去の選択の上に成り立っている。



 



僕は今、世界を旅しています。
そして、ふと思いました。


『なんで旅をしているんだろう?』と。


お金もかかれば、
楽しいことだけではない旅。


時には狂った犬に本気で襲われたり、
時には騙されたり、
お金を取られたり、
凄まじい光景を目の当たりにする。

 
でも、
旅はもちろん、

きついことだけではありません。
その先にある素晴らしい景色。
そして、色んな人達とのかけがえのない出会い。

 



 



ですが、今

旅の非日常が日常になりつつあり、
旅する《目的》や《きっかけ》
が薄れていたので、自分に問いかけています。

 

 

_________

 

 


思い返してみても、
旅する事決断をして、
決して良いことばかりではありませんでした。


では、
【僕は、何で世界の旅をしているのだろう?】




 



(僕は、何で世界を旅しているのだろう?)

初海外カンボジアカンボジア人に
「日本って何があるの?」
「日本人ってどんな人?」
という質問に答えられなかったから。

(なんで答えられなかったの?)

日本を知らなかったから。
日本人を知らなかったから。

(それで?)

日本を知りたくて
日本人を知りたくて旅をした。

(それで何で世界の旅をしているのだろう?)

次は海外の人を知りたかったから。




 



そうか!

結局、僕が旅をしているのは
【人を知りたいから】なんだ!

 

 

↓↓↓↓

日本の人を知りたくて始めた旅。

↑↑↑↑

 

 

 

ひたすら【日本、日本の人を知りたい】、
病気の人へ千羽鶴を届ける【想いトラベラー】という活動を本気でやっていきたい。

 

そんな想いから当時の僕は、半年間毎週末にヒッチハイクをしていました。




 




そして、完全に僕の中の矢印は、
《大学》から
《学外》へと向いてゆきました。

 


↓↓↓↓↓↓

その結果どうなったか?

↑↑↑↑↑↑

 

 

色んな現実が、僕の目の前で起こります。


→学校へも間に合わなくなり、僕の行動に呆れた大学内の友達が次第に減っていった。


→出席が足りず、半年留年が確定する。


→大学で自治会長という大事な役割を降ろされ、最後の一大行事の卒業式の送辞の言葉を
副会長に譲る始末。自治会長失格となる。


→自治会の仲間に迷惑をかける。


→完全に学校との自分の活動とのバランスが崩れる。


→精神的に崩壊して、家の物を壊し倒す。


→体が悲鳴をあげ、
何に対してもやる気が起きなくなった。


→彼女と別れる。

 



 



そして、
僕は留年が決まりました。

ここまで見ても、なかなか悲惨ですよね笑。

 



 




そして、僕は1年半休学することを決意しました。

旅を始めた当初から
密かに抱いていた『世界一周』を試みます。





しかし、現状、
お金もなければ、
愛媛の友達も減り、
体と精神のバランスはまだまだ不安定。

 

・留年
・友達が減った事
・自治会長の役割を失格になった事
・家の物を壊し倒す事があった事

 

これらの事は、

他の友達に言えない事実として、
自分の心に深く閉じ込めておきました。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓

そんな僕は、『世界一周には、まずお金が必要だ』と思い、東京へ出稼ぎに行きます。

↑↑↑↑↑↑

 

 

 

カンボジアで出会った
知り合いの家に居候しながら、
僕はマッサージのバイトを始めます。

 

旅行会社H◯Sさんから
バイト許可も降りていたのですが、
マッサージ店の店長さんの、

 

 

 

 


『君の人柄なら月30万は稼げるよ』

 

 

 

 

 

この言葉につられ、
マッサージのバイト一本に絞り、毎日奮闘しました。

 



手に力が入らなくなるまで
毎日練習を積み重ね、
居候先に帰ると湿布を貼っては寝る日々。


バイト先でも、僕の事が気に入らない社員さんに、毎日ちょっとした意地悪をうける。

こうして積もり積もったものは、
体も心も少しずつ削り始めます。


そして何とか耐えた1ヶ月。





待ちに待った給料日がきました。
給料明細を見ると、
そこに書かれていたのは、

 

 

 

 

 

 

【3万円】

 

 

 

 

 


ほぼ毎日12時間近く働き、
社員さんの意地悪にも耐え忍び、
空き時間は、練習に明け暮れていた
バイト先での日々が、大粒の涙に変わりました。


そして、完全に心が折れました。
『あ、世界一周は無理なんだ』と。

 

 

 

↓↓↓↓↓

これが世界一周を目指した1年前の、
僕のリアルな様子です。

↑↑↑↑↑

  

 


私が旅を始めた事によって
・留年
・大学での友達が減った
・自治会長の役割失格になった
・家の物を壊し倒す事があった

 

当時の判断1つ1つで、
これらの出来事が起き、
全て事実として、当時の僕には、
想像よりも重くのしかかりました。





周りの方からは、
「ポジティブで行動力がある」
と思って頂いていますが、


僕は強くなく、
ポジティブでもなく、
物に当たり叫び散らかす。
こんな一面があったのも事実です。

 

 

 

///////////////////

でも、今、そんな過去を回想してみます。

//////////////////

 

 

 

この日々は、
【僕にとって無駄だったのだろうか?】
【僕に何を与えてくれたのだろうか?】


1つ1つ丁寧に紐解いてゆきます。
・留年
・身近な大学での友達が減った
・自治会長の役割失格になった
・家の物を壊し倒す事があった

 

 

→留年をした事で、
知識の必要性を学びました。

 

 

→身近な大学の友達が減った事で、
家族含め、身近な人たちを大切にする事を学んだ。

 

 

→自治会長失格になった事で、
責任という言葉について、学ぶ機会を得られました。

 

 

→家の物を壊し倒す事があった事で、
何かに当たりたくなる人の気持ちがわかるようになった。

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

そして、
・職場で毎日意地悪をうける
・出稼ぎで月3万円しか稼げない
・東京へ出稼ぎへ行き、知り合いの家に居候先する

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 


→職場で毎日意地悪を受けた事で、
僕は絶対に意地悪をする人間にはならないと
心に誓う。

 


→出稼ぎで月3万円しか稼げなかった事で、
お金の大切さを実感した。

 


→知り合いの家にお世話になった事で、
東京に沢山の友達ができ、
繋がりの大切さを学ぶ。

 


→知り合いの家にお世話になった事で、
友達を本気で助ける、
応援する事を実感して、
利害を考えず、人を助けたり、応援する事が出来るようになってきた。

 


→知り合いの家にお世話になった事で、
友達の知り合いと繋がり、
素敵な大人の人達に出会う。

 


→知り合いの家にお世話になった事で、
某大学の先生と知り合い、
フィリピンの孤児院を紹介してもらう。

 


ここで気づきました。

 

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

僕が当時体験した、

「嫌だった、とても辛かった」出来事は、

 今思うと、決して無駄なことではなく
《辛かった事》よりも
《受け取ったもの》の方が断然に多いです。

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

 

留年する

身近な友達が減る

自治会長失格になる

精神的に崩壊する

休学をする

知り合いの家にお世話になる

マッサージのバイトを始める

 


日本を知る旅を始めた後に起こった、

これらの出来事は、一見
《辛く、悲しい体験がほとんどです》


しかし、

学校での出来事がなかったら?
休学しなかったら?
出稼ぎに行く事を決めなかったら?
居候先にお世話にならなかったら?

 

 


↓↓↓↓↓

もしこれらがなかったら、
フィリピンの孤児院にも出会えなかったですし、今こうして沢山の気づきを出来なかったでしょう。

↑↑↑↑↑

 

 

____________________

 

 


僕は思いました。
【今までの出来事は、全て繋がっているんだ】

 

その中で、

カンボジアに行った時も、
日本を旅した時も、
フィリピンの孤児院に行った時も、
こうして世界を旅してる今も、


共通してる事は、
【より多くの人を知りたくて旅をしてる】という事。

 


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

もし、過去あの時違う選択をしていたら、
今があるのか。

もし、看護体験へ行かなければ
もし、大学へ行かなければ
もし、カンボジアへ行かなければ
もし、日本を旅しなければ

今の僕があるかは分かりません。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 


僕は、色んな出会いに恵まれて、
幸せで充実した日々を過ごす事ができています。

旅もできて、こうして記事も書かせていただいてる。それをつくったのは、選択と出会いです。

 

今の世界一周中も
時には狂った犬に本気で襲われたり、
時には騙されたり、
お金を取られたり、
凄まじい光景を目の当たりにする。


だけど、
今の僕は、これらの出来事にも感謝できます。
それは、過去の出来事に、力をもらえる事を知っているからです。

 

世界の旅は、
楽しいことも、辛いことも起こるけど、

 

【将来必ず感謝できる】


どんな未来にでも感謝できる、

自分になれた事が嬉しく思います。

 

過去の嫌な扉を開いて向き合ってみたことで、

今は力を貰って進む事が出来ています。

 

この考えが、1人でも多くの必要な方のもとへ届けば、嬉しく思います。

 

たっくん

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

《これからの旅の予定》

5月10日〜 インド

5月17日〜 フランス▶︎スペインを約1ヶ月半かけて約1000キロきます。

7月上旬〜 アメリカをヒッチハイクで横断する予定です。

 

この旅でより多くの人に出会う事を楽しみに、旅を進めていきたいと思っています。

 

帰国してからは、

福岡・大阪・(愛知)・東京で報告会を行う予定です。

 

ですが今、旅を続けるには明らかに資金が不足しています。一時帰国した際に15万だけ稼ぎ、今はそのお金を握りしめて旅をしています。

 

また帰国することを考えた時に、

それよりも旅する目的がはっきりした今、とことん旅を通して見たいもの、出会いたい人たちがいます。

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

《応援サポーター募集》

これからの僕の旅を応援してくださる方を募集しております。

 

リターンは、僕の旅中の大好きな写真に、心を込めたメッセージを込めて送らせて頂きます。

 

もしいらっしゃいましたら、

僕のフェイスブックもしくは

tikyoudeasobu@gmail.com 

に一報お願い致します。泣いて喜びます。

 

どうぞよろしくお願いします。